食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

MLAがプロジェクションセミナー、最新の豪州産食肉予測など


 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は14日、大阪に続き千葉・美浜区のホテルニューオータニ幕張で「2018年MLAプロジェクションセミナー」を開催。関係者約300人が参集した。
 セミナーでは、アンドリュー・コックス駐日代表(写真)が最新の豪州産牛肉・羊肉の産業予測をはじめ、日本でのプロモーション活動を紹介。豪州産牛肉において、日本市場は最大かついまなお成長していること、オーストラリアの生産状況は回復傾向であること、2018年は輸出が3%成長し、今後5年で20%の成長が見込めることなどを説明した。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top