食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

29年格付は牛と畜の85%、豚76%で実施、和牛高品質化強まる


 公益(社)日本食肉格付協会がまとめた平成29年次の牛・豚肉格付実績(食肉速報の資料面参照)によると、牛の格付頭数は88万8,802頭(前年比0.2%減)となり、全国と畜頭数(本紙試算104万5,376頭)に占める割合は85.0%(前年84.7%)で0.3ポイント上昇した。と畜頭数と同様に格付頭数も前年から微減となったが、格付割合はわずかながら上回った。豚も昨年はと畜頭数が微減となる中、格付頭数も1,235万2,864.5頭(前年比0.5%減)とわずかに減少し、全国と畜頭数(1,633万6,410頭)に対する割合は75.6%(前年75.7%)で0.1ポイント減、ほぼ前年並みとなった。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top