食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

市場協幹部研修会、軽減税率や卸売市場法の改正テーマに講演


 公益社団法人日本食肉市場卸売協会(杉本正会長)は21日、第39回「幹部職員業務研修会」を東京・千代田区のホテルジュラクで開催。39回目となる今回の研修会では「軽減税率制度への対応」(国税庁東京国税局課税第二部消費税課軽減税率係の野間裕介国税実査官、財務省主税局税制第二課の加藤博之課長補佐)、「卸売市場法の改正内容」(農水省食料産業局食品流通課の武田裕紀卸売市場室長)、「食肉消費をめぐる事情」(公益財団法人日本食肉消費総合センターの桶谷良至調査研究部長)の幅広いテーマの講演が行われた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top