食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

新支部長に山本才司荷受部会長が就任—食鳥協関西支部


 日本食鳥協会関西支部(井元克典支部長)は13日、大阪市此花区の大阪食鳥会館で理事会および情報共有の場である拡大火曜会を開催した。
 冒頭あいさつでは井元支部長が「2月中旬以降、販売が厳しくなってきた。要因は野菜の高騰などいろいろあるかと思うが、五輪開催の影響もその一つだろう。たとえば五輪中継放送が日中に行われることが多く、弊社でも売り上げが前年に比べて大きく落ち込む日があった。これだけが原因とはいえないが、販売には逆風となったようだ」と述べ「3月末には花見シーズンに入るが、ことしは開花が早くなると予想されており、皆さま方もそれを見据えて、準備を前倒しするよう取り組んでいただきたい」と呼びかけた。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top