食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

東京市場銘柄豚協会が消費者対象に料理教室、「岩中豚」を使用


 東京食肉市場銘柄豚協会(数藤春夫会長)は20日、一般消費者を対象に銘柄豚を使った料理教室を東京食肉市場センタービルで開催した。料理教室にはホームページなどで募集した消費者18人が参加。料理研究家の山木成子さんの指導のもと、「岩中豚」のバラ肉やしゃぶしゃぶ用を使用した「しゃぶしゃぶ肉と春キャベツの前菜」「厚切りベーコンのペペロンチーノ」などを調理した。「岩中豚」はSPF豚であり、徹底した設備管理のもとで生産されている。SPF豚はやわらかくて臭みがなく、あっさりした肉質が特徴だが、岩中豚は赤肉のビタミンE含有量が多く、純白で適度な締まりの脂肪が、まろやかなうまみを引き出している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)...
More

◆製品

More
Return Top