食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

中畜30年度総会、新会長に森山氏、新副会長に井出氏


 公益(社)中央畜産会は21日、都内で平成30年度定時総会を開き、上程議案を原案どおり承認した。役員の選任では、空席だった会長に森山全国肉用牛振興基金協会会長が、中須副会長の退任を受け新副会長に井出畜産環境整備機構理事長が就任した。平成30年度は畜産クラスター事業、国産畜産物輸出の取組支援、農場衛生対策の支援などを実施していく。森山新会長は歴代会長に不思議な縁を感じているとの感慨を語り「われわれは執行部全体で、会員の声に謙虚に耳を傾けたいと思っている。畜種によって、それぞれ、問題があるようにも思うし、世界の畜産の流れの中でいま、どう対応しておかなければいけないのか真しに考えなければならない。皆さまからご指導いだたきながら、頑張ってまいりたい」と就任の抱負を語った。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top