食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

USMEF、メキシコの報復関税による豚肉輸出への影響を試算


 米国食肉輸出連合会(USMEF)はこのほど、メキシコが講じた報復関税による米国の豚肉輸出への影響に関する試算を公表した。概要は次のとおり。
 近年、メキシコの豚肉輸入量のうち90%は米国産豚肉が占めており、その約80%が今回の報復関税の対象となっている。2017年の米国産豚肉および豚肉製品の合計輸入額は16億4,735万米ドルで、輸入量は90万7,691t。このうち報復関税の対象品目の輸入額は13億5427万米ドルで、輸入量は73万1,982万t。米国の豚肉業界にとってメキシコは重要な輸出先であり、17年の豚肉輸出に占めるメキシコの割合は、量で3分の1、金額では23%に及ぶ。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top