食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉協会が事業推進委、9月から各地域でブロック会議開催へ


 一般(社)日本食肉協会(布川勝一会長)は、平成30年度第2回事業推進委員会を26日、東京・赤坂のアジミックビルで開いた。冒頭、布川会長があいさつし「ことしの夏は異常気象で猛暑・酷暑、大雨、台風、そして豪雨災害もあり一刻も早い復興を心から願っている。われわれの業界に目を向けると、輸入豚肉が国産の生産量を抜いてかなり入ってきている。テーブルミートもそうだが、とくに今夏は暑いということで揚げ物の売り上げが相当良いらしく、そういうものに利用されているのではないか。相変わらず牛肉は高値で推移しており、われわれの商売には大きな打撃となっている。今後もこれらを留意しながら、商売を進めてまいりたい。来月からいよいよ各ブロックでブロック会議が開催される。本日集まっていただいたブロック長や委員には、担当地区の支部長と協力し、会議を成功裏に収めてもらいたい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top