食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

生産費調査を基礎として算定する案を提示—子牛補給金検討会


 TPPなどの発効に合わせて算定方式を経営の実情に即したものに見直す肉用子牛補給金に関する第1回検討会が4日に開かれ、現行の輸入自由化前7年間の肉用子牛の実勢価格を基礎に算定するものから、新たに生産費調査を基礎として算定する案が提示された。出席した委員からは生産費調査を用いることに賛成が得られたものの、その際に規模別の農家戸数割合を考慮すべきなど案を微調整する意見が出された。次回検討会では今回の意見を整理した考え方が示される予定。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top