食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

京都市場で近東北肉牛共進会、(有)京都丹波牧場が農林水産大臣賞


 第58回農林水産祭参加、第65回近畿東海北陸連合肉牛共進会(会長=中川泰宏・全国農業協同組合連合会京都府本部運営委員会会長)が11日、京都市南区の京都市中央卸売市場第二市場で開催された。
 静岡県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県から肉牛100頭(第1部雌49頭、第2部去勢51頭)が出品され、審査の結果、最優秀賞・農林水産大臣賞には京都府の(有)京都丹波牧場(平井鈴子さん出品)の出品牛(去勢、父「直太朗」、母の父「安福久」、31.04カ月齢、枝肉重量615.2kg、格付A5、BMSNo.12)を選出。せりでは京都府の(株)銀閣寺大西がキロ単価1万8,050円で落札した。京都丹波牧場の大臣賞受賞は2年連続、また昨年も銀閣寺大西が競り落としている。雌の部の最優秀賞は三重県の西村泰三さんの出品牛(父「幸紀雄」、母の父「安福久」、33.00カ月齢、472.7kg、A5、No.12)が選ばれ、三重県の(株)朝日屋が単価1万3,010円で落札した。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top