食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

日食協が食肉流通関係者ら530人招き、新年賀詞交歓会


 公益(社)日本食肉協議会(中須勇雄会長)は8日、東京・千代田区の帝国ホテルで、新年賀詞交歓会を業界関係者約530人を招き開催した。中須会長は冒頭のあいさつで、平成最後の新年会であることにも触れながら「昨年暮れにTPP11協定が6カ国の間で発効された。ことし2月には日本とEUの経済連携協定が動き出す。食肉業界もこれまで経験したことのないような、国際化のかなり強い波を受ける厳しい時代を迎える。政府もいろいろと対策をとっており、われわれとしてもしっかりと活用しながら対処していかねばならないが、何よりもこういう時代には輸入動向をしっかりと見定め、関税が下がっていく中で、日本の食肉のマーケットがどう変わっていくのか、しっかりと把握して対応していくという、自分たちの努力も試される。厳しい中ではあるが、皆さまの奮闘を期待したい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ...
More

◆製品

More
Return Top