食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

日食協が食肉流通関係者ら530人招き、新年賀詞交歓会


 公益(社)日本食肉協議会(中須勇雄会長)は8日、東京・千代田区の帝国ホテルで、新年賀詞交歓会を業界関係者約530人を招き開催した。中須会長は冒頭のあいさつで、平成最後の新年会であることにも触れながら「昨年暮れにTPP11協定が6カ国の間で発効された。ことし2月には日本とEUの経済連携協定が動き出す。食肉業界もこれまで経験したことのないような、国際化のかなり強い波を受ける厳しい時代を迎える。政府もいろいろと対策をとっており、われわれとしてもしっかりと活用しながら対処していかねばならないが、何よりもこういう時代には輸入動向をしっかりと見定め、関税が下がっていく中で、日本の食肉のマーケットがどう変わっていくのか、しっかりと把握して対応していくという、自分たちの努力も試される。厳しい中ではあるが、皆さまの奮闘を期待したい」と述べた。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top