食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

食鳥協が賀詞交歓会、需要創出へ地鶏・銘柄鶏プラットフォーム


 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は9日、東京・港区の浜松町東京会館で平成31年新年賀詞交歓会を開催し、会員や業界関係者約200人が参集した。佐藤会長は冒頭のあいさつで「昨年は、生産・加工の皆さまの先行投資で増産体制が構築され、順調に供給された半面、需要の拡大が追いついていなかった年であった。今後2、3年は新たな業態の需要開拓や新製品の開発が欠かせない。数年前から大手調味料メーカーの協力も得ながら、国産鶏肉の内食需要の開拓は行われているが、中食・外食の需要喚起には至っていない。簡単調理できる国産鶏肉のレシピ開発が待たれるところ。地鶏のすき焼きや鉄板鶏焼きなどまだ提案できる料理はたくさんあり、知恵の出しどころではないだろうか。今後も鶏肉料理はいままで以上に注目されていくことは明らかであり、チャンスをいかに生かすかが、われわれの使命だ。昨年に引き続き国産チキンの地鶏、銘柄鶏、ブロイラーの鶏種の違いや安全性などを生活者や流通各社に対し、いままで以上に正しい情報提供を行うことで、さらなる需要創出ができると考えている」と述べた。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top