食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

脂肪酸に焦点当て、全肉連が小冊子「お肉で元気!」作成

 全国食肉事業協同組合連合会は、農畜産業振興機構の助成を受けて実施した平成30年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業により、小冊子「お肉で元気!—健康・長寿虎の巻」(写真は表紙)を作成した。同事業で「健康・長寿」をキーワードに国産食肉の栄養・機能性、うまみ成分などの新たな訴求ポイントを鮮明にすることを狙いとして科学的検証に取り組むとともに、その成果を盛り込みながら食肉の栄養成分データとその機能、新知見、さらにヘルシーレシピ集も含む小冊子を作成したもの。会員の店舗等で配布し、高齢者や子育て世代などをターゲットに、食肉専門店の店頭から健康・長寿に対するお肉の効用等について情報発信を行う。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top