食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

業務用健闘か半年ぶりに増加—4月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、31年4月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると全体の生産量は4万9558t(前年同月比2.4%増)と、半年ぶりに増加に転じた。しかし、家計調査の食肉加工品購入量をみると、ソーセージが増加したほかは減少しており、3月は苦戦した業務用需要が伸びたものと思われる。減少が続いているプレス類のほかはすべて増加。とくにソーセージ類は3%増と、比較的大きく伸びた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top