食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

「銘柄牛肉ハンドブック2019」発売開始!

 食肉通信社は、隔年の発行で好評をいただいている「銘柄牛肉ハンドブック」の2019年度版を発刊しました。本書は、全国の銘柄牛肉の情報約360件を1冊にまとめ分かりやすく紹介し、食肉業界のみならず、昨今の食肉ブームを受けて各種マスコミなど多方面から好評を博す1冊となっています。
 本書で紹介される銘柄牛肉の情報は生産からと畜、流通に至るまで多岐にわたり、商品政策の見直しやメニューの改訂など、新規牛肉アイテムの発掘の参考資料として、各分野の仕入担当者にとっても必携の書となっています。
 前回の17年度版から銘柄掲載数も増加し、19年度版では360以上の銘柄情報を掲載。また銘柄牛肉を取り扱う企業・団体の紹介記事も合わせて掲載し、より複合的に銘柄の紹介を行っています。
 主な掲載内容は銘柄の管理主体、規格内容、主なと畜場から取扱企業、飼料の内容、輸出実績まで多彩なものとなっています。
 体裁はB5判、234㌻(1部カラー)。定価1千円(消費税別、送料別)。巻末には便利な銘柄牛肉の50音順の検索(インデックス)付きです。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top