食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

カナダビーフ国際機構が消費者150人を招待してプレミアムBBQ

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は18日、カナダビーフプレミアムBBQを東京都江東区のダイバーシティ東京プラザ屋上にある「都会の農園バーベキュー広場」で開催した。カナダビーフ国際機構ではこれまで沖縄、広島、福島、福岡などでプレミアムBBQを開催してきたが、都内での開催は今回が初めて。同イベントはカナダビーフの消費者認知向上を図り、カナダビーフを取り扱う量販店のサポートを目的にしており、カナダビーフの取扱店舗のお客を対象にしている。とくにことしはTPP発効によって都内でもカナダビーフを取り扱う量販店が増加。以前からの取扱店舗、そして新たな取扱店舗を含めて都内近郊の複数企業から合計約50店舗がキャンペーンに参加し、各店舗を通じて抽選で合計150人の消費者が招待された。定員150人に対して400人を超える応募があり、カナダビーフに対する消費者の関心が高まっていることをうかがわせた。
 イベントの冒頭で清冨駐日代表は「カナダビーフは豊かな自然に恵まれた、カナダの広大な大地で育てられている。本日はカナダビーフをたくさん食べていただき、そのおいしさをじっくりと味わってもらいたい。そして次はぜひ近くのスーパーや外食店でカナダビーフをお求めいただければ嬉しい」と参加者にPRした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top