食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食鳥協が日本KFCに感謝状、国産チキンの消費拡大貢献で 

 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は「国産とりにくの日」である10月29日、国産チキンの消費拡大に多大な貢献をした企業として、日本ケンタッキー・フライドチキン(KFC)(株)に感謝状を贈る贈呈式を、東京・港区の浜松町東京會舘で開催した。
 冒頭、佐藤会長(写真左)があいさつし、日本KFCに対し「来年創立50周年ということで、どれだけ国産チキンの消費拡大に限らず、国内食鳥産業の生産基盤の拡大や品質向上に貢献していただいたかはかりしれない」と感謝。同社について「業界では当然のように使われている原料は国内産と熟知しているが、消費者には意外と理解されておらず、輸入品と思っている方もいるようだ。フライドチキンの製造ノウハウ等は発祥地の米国からの伝承技術に則った製法で提供されているが、原料の鶏肉に関しては意外な面もあると感じられた次第」などと紹介した。さらに「消費税が増税され中食・外食産業への影響が懸念される中、皆が興味を引くランチの提供やキャンペーンなどを展開し飛ぶ鳥を落とす勢いを感じる。国産食鳥の生産基盤は数年前からの設備投資の効果もあり今後は盤石な状況。貴社の業容拡大に大きく期待している」とした。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top