食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

数字でみる食肉産業2020

年鑑

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)で開催した。ことしも第10回「ファーマーズ&キッズフェスタ」への出展形式で行い、晴天にも恵まれ多くの家族連れなどが来場する中、国産豚肉のおいしさや魅力をPRした。
 会場では、JPPA会員生産者が生産した各地の国産銘柄豚肉を、全国から集まった若手生産者がオリジナルTシャツを着て自ら調理。各産地から集めた「四万十ポーク麦豚」(高知県)「大山ルビー」(鳥取県)「那須高原牧場豚」(栃木県)「『越ノ光』豪雪つなん雪室熟成肉」(新潟県)「北海道はまなか ほえいとん」(北海道)「おいも豚」(宮崎県)「みやじ豚」(神奈川県)「いさむ・ポーク」(愛知県)「館ヶ森高原豚」(岩手県)「飛騨豚」(岐阜県)「認定山形豚」(山形県)「プリンセスポーク」(熊本県)の12銘柄のしゃぶしゃぶ、「匠のこころ豚」(福島県)「日の出ポーク」(千葉県)の2銘柄の焼き肉のほか、福島県養豚協会による「麓山高原豚」(福島県)の特製豚汁が試食として来場者に提供され、いずれも開始前から長蛇の列ができ好評だった。試食は2日間で約200kgが提供され、来場者は産地の違う豚肉を食べることで、豚肉のおいしさや奥深さを再発見。ステージで各銘柄豚の生産者が特長、お勧めの食べ方などを紹介し「国産豚肉をもっといっぱい食べて盛り上げていこう」などと呼びかけた。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top