食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

JPPA青年部会「俺豚2019」盛況、国産豚肉の魅力PR

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は、通算13回目となるJPPA青年部会(橋本晋栄部会長)主催の国産豚肉消費拡大イベント「俺たちの豚肉を食ってくれ!(通称=俺豚)2019」を9、10日の両日、東京・日比谷公園(にれの木広場)で開催した。ことしも第10回「ファーマーズ&キッズフェスタ」への出展形式で行い、晴天にも恵まれ多くの家族連れなどが来場する中、国産豚肉のおいしさや魅力をPRした。
 会場では、JPPA会員生産者が生産した各地の国産銘柄豚肉を、全国から集まった若手生産者がオリジナルTシャツを着て自ら調理。各産地から集めた「四万十ポーク麦豚」(高知県)「大山ルビー」(鳥取県)「那須高原牧場豚」(栃木県)「『越ノ光』豪雪つなん雪室熟成肉」(新潟県)「北海道はまなか ほえいとん」(北海道)「おいも豚」(宮崎県)「みやじ豚」(神奈川県)「いさむ・ポーク」(愛知県)「館ヶ森高原豚」(岩手県)「飛騨豚」(岐阜県)「認定山形豚」(山形県)「プリンセスポーク」(熊本県)の12銘柄のしゃぶしゃぶ、「匠のこころ豚」(福島県)「日の出ポーク」(千葉県)の2銘柄の焼き肉のほか、福島県養豚協会による「麓山高原豚」(福島県)の特製豚汁が試食として来場者に提供され、いずれも開始前から長蛇の列ができ好評だった。試食は2日間で約200kgが提供され、来場者は産地の違う豚肉を食べることで、豚肉のおいしさや奥深さを再発見。ステージで各銘柄豚の生産者が特長、お勧めの食べ方などを紹介し「国産豚肉をもっといっぱい食べて盛り上げていこう」などと呼びかけた。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top