食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

カッティング共励会、優勝はいわちくの志村さん、初の女性出場者も

 全国食肉センター協議会(齊藤良樹会長)は13日、令和元年度(第40回)豚枝肉カッティング技術共励会を全国食肉学校で開催した。
 同共励会は、豚枝肉1頭の分割から整形に至るまでの処理技術および所要時間などを競うもので、協議会員である食肉センター従業員の技術および品質・衛生管理の向上の一環として毎年実施しているもの。ことしは全国から選抜された13人の競技者が(1)衛生・安全(器具、作業着、爪などの衛生、けが)(2)カッティング(大分割、骨への肉の付着、整形、除骨・整形後の状況)(3)商品管理(ゴミ・異物などの有無、商品の取り扱い)(4)時間(さばき・整形処理などの所要時間)を審査基準に500点満点で競い合った。
 ことしの大会は、合計454点を記録した志村裕平さん((株)いわちく)が最優秀賞1席(農林水産省生産局長賞)を受賞。除骨・整形のカット時間が34分51秒と競技者のうち最速だったことが大きなアドバンテージとなった。志村さんは「こうした技術を後輩たちに伝えていかねば意味がないと思う。これからは自信をもって指導できる」と受賞の喜びとともに意気込んだ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top