食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

カッティング共励会、優勝はいわちくの志村さん、初の女性出場者も

 全国食肉センター協議会(齊藤良樹会長)は13日、令和元年度(第40回)豚枝肉カッティング技術共励会を全国食肉学校で開催した。
 同共励会は、豚枝肉1頭の分割から整形に至るまでの処理技術および所要時間などを競うもので、協議会員である食肉センター従業員の技術および品質・衛生管理の向上の一環として毎年実施しているもの。ことしは全国から選抜された13人の競技者が(1)衛生・安全(器具、作業着、爪などの衛生、けが)(2)カッティング(大分割、骨への肉の付着、整形、除骨・整形後の状況)(3)商品管理(ゴミ・異物などの有無、商品の取り扱い)(4)時間(さばき・整形処理などの所要時間)を審査基準に500点満点で競い合った。
 ことしの大会は、合計454点を記録した志村裕平さん((株)いわちく)が最優秀賞1席(農林水産省生産局長賞)を受賞。除骨・整形のカット時間が34分51秒と競技者のうち最速だったことが大きなアドバンテージとなった。志村さんは「こうした技術を後輩たちに伝えていかねば意味がないと思う。これからは自信をもって指導できる」と受賞の喜びとともに意気込んだ。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

 丸大食品は、春季新商品として「酸辣湯」(サンラータン)を発売した。夏に食べたくなる商品として、「辛味のある料理」に次いで人気が高まっているのが「酸味のある料理」。そこで、今回はピリ辛さの中にも酢の酸味が感じられる酸辣湯を新発売した。 鶏肉...
More
Return Top