食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

微増ながら年計では前年を割る—昨年12月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和元年12月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は5万277t(前年同月比0.6%増)と微増を確保したものの、通年の生産量は55万934t(前年比0.6%減)と前年を割り込んだ。12月の生産量が好調だったのはソーセージ類で、生産量の過半を占めるこの製品群が2万8,180t(前年同月比1.8%増)と伸びたことで、ほかの製品群が不振だったのをカバーした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top