食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

なんつねの自動盛付ロボ「スコーピオンCM-230」発売

 (株)なんつねは8月31日、かねてから開発を進めてきた自動盛付ロボ「スコーピオンCM-230」の発売を開始した。
 市場投入に先だち、同社は5月末からティザーサイトを公開。黒くブラインドした商品シルエットの奇抜な広告戦略もあって、業界関係者からの注目度も高い新機種だ。同機はプロセスセンターに多く導入されているスライサー「AZ-341」(日本キャリア工業製)に連結できる設計となる。コンベアに鱗列(りんれつ)されたスライス肉をロボットハンドがそのまま盛り付け、2台のカメラでスライス品の状態と盛り付け後の状態をチェック。高速かつつねに正確に盛り付ける仕様だ。これにより、鱗列されたスライス肉のトレー盛り付けの自動化を可能にし、最大800パック/時(130g×7枚)の高速処理能力を有しながらも、スライサー横に1,200mmのスペースがあれば設置可能なコンパクトな省スペース設計を実現している。
 また、ワンタッチで簡単に脱着も可能で、取り外し部品は肉に触れる部分のみのシンプル設計。そのため、1人約15分で機器の清掃を可能とし、衛生面についても万全の配慮を行った。工場レイアウトを変更させることなく設置できる大きさで、かつ連動にあたってスライサーの改造は一切不要のため、簡単導入ですぐに、盛り付け工程にかかる人員コストの削減に大きく貢献できる「即戦力」の製品となっている。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top