食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が食育冊子「お肉が食卓にとどくまで(牛肉編)」作成

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、令和2年度国産食肉理解醸成食育推進事業で、新たに小冊子「お肉が食卓にとどくまで(牛肉編)」(写真は表紙)を作成し、各県肉連に配布した。
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、小中学校等の学校給食でのさまざまなメニューを通じて和牛肉等のおいしさや魅力を伝えることを支援する「学校給食提供推進事業」を農水省が創設。同事業を活用して都道府県が実施主体となり、各地域で地元の和牛肉等を学校給食に提供する取り組みがスタートしている。事業では食育と一体で和牛肉等を提供することを柱とし、全肉連がこれまでに食育事業で作成した教材も活用されているところ。一方「お肉が食卓にとどくまで」はまだ牛肉編がなく、当初から今年度はこの小冊子をつくる予定でいたが、こうした情勢を踏まえ、多くの関係者に活用してもらうため、完成時期を早めて作成したもの。冊子の完成と配布は、農水省から各県畜産課にも伝えられており、今後活用が期待される。

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top