食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

畜産・酪農対策委員会、肉事協や養豚協会が畜産物関連対策を要請

 自民党内で2日、JAグループや全国肉牛事業協同組合、日本養豚協会など関係団体、幹部が参加し畜産・酪農対策委員会が開かれた。委員会では北海道、岩手県、栃木県、鳥取県、熊本県の畜産・酪農関係議員とWEBで意見交換したほか、各団体からの要請も行われた。それによると、JAグループからは和牛肉保管在庫支援事業などに代表される新型コロナウイルス関連対策の継続が要請されたほか、輸出拡大を見据えた生産基盤対策などの強化、畜産クラスター事業等の継続・拡充、家畜衛生対策の強化などが要請された。
 また、全国肉牛事業協同組合からは(1)国産牛肉の国内需要の安定的確保(2)TPP等関連政策大綱の適切な見直し(3)新しい国際環境における肉用牛生産の経営体質の強化(4)低廉かつ良質な稲わらの安定的な確保—–が要請され、とくに国内需要の確保について、地元産牛肉の学校給食への提供が大きな効果をもたらしたことから、継続的な実施が求められた(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top