食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

畜産・酪農対策委員会、肉事協や養豚協会が畜産物関連対策を要請

 自民党内で2日、JAグループや全国肉牛事業協同組合、日本養豚協会など関係団体、幹部が参加し畜産・酪農対策委員会が開かれた。委員会では北海道、岩手県、栃木県、鳥取県、熊本県の畜産・酪農関係議員とWEBで意見交換したほか、各団体からの要請も行われた。それによると、JAグループからは和牛肉保管在庫支援事業などに代表される新型コロナウイルス関連対策の継続が要請されたほか、輸出拡大を見据えた生産基盤対策などの強化、畜産クラスター事業等の継続・拡充、家畜衛生対策の強化などが要請された。
 また、全国肉牛事業協同組合からは(1)国産牛肉の国内需要の安定的確保(2)TPP等関連政策大綱の適切な見直し(3)新しい国際環境における肉用牛生産の経営体質の強化(4)低廉かつ良質な稲わらの安定的な確保—–が要請され、とくに国内需要の確保について、地元産牛肉の学校給食への提供が大きな効果をもたらしたことから、継続的な実施が求められた(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top