食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

アメリカン・ポーク「おうちで食べよう!」CPなど五つの施策を提案

 米国食肉輸出連合会(USMEF)では、昨年実施して好評を博した「おうちで食べよう!」キャンペーンなど、アメリカン・ポークの販促に向けて五つの施策を提案していく。
 「おうちで食べよう!」キャンペーンは「おうち」で簡単に、本格的なアメリカン・ポーク料理を食べてもらうために、さまざまなメニューに合わせたシーズニング・ソースを提案。パイナップルバターソース、ローストポークシーズニング、ステーキソース、スペリブソース、しょうが焼き、冷しゃぶ、塩レモンソースの小袋を提供する。小袋の発注書は4月2日締切予定だが、在庫次第で終了となる。なお、小袋提案は秋冬にも実施予定だ。
 「おうちでキャンプ」や「ベランピング」などのムーブメントに向けて「おうち&アウトドアの新しい需要」を創出する。具体的には4月末ごろから「ごちポ CAMP&BBQ CLUB」(仮称)マストバイキャンペーンを実施予定。第1弾はGWシーズン、第2弾は夏秋シーズンを想定している。アメリカン・ポークの精肉、加工肉などを一定額購入した応募者に購入額に応じた口数により、抽選でコールマン製品ほかオリジナルキャンプ&BBQグッズをプレゼント。さらにキャンプ&BBQの消費拡大に向けて啓もうリーフレットを作成し、魅力を訴求する。また、米国中西部で楽しまれるポークの祭典「Porktober(ポークトーバー)」を提案。これはPorkとOctoberを掛け合わせた造語であり、10月を中心にその前後1カ月でキャンペーンを行う。とうもろこしと大豆のうまみ、ベーコンやハム・ソーセージの提案、さらにアメリカン・ポークのさまざまな部位を訴求。近年話題の「プルドポーク」を中心とした料理をオールインワンで提供できるキッチンカーを派遣し、イベントをサポートする。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top