食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

アメリカン・ポーク「おうちで食べよう!」CPなど五つの施策を提案

 米国食肉輸出連合会(USMEF)では、昨年実施して好評を博した「おうちで食べよう!」キャンペーンなど、アメリカン・ポークの販促に向けて五つの施策を提案していく。
 「おうちで食べよう!」キャンペーンは「おうち」で簡単に、本格的なアメリカン・ポーク料理を食べてもらうために、さまざまなメニューに合わせたシーズニング・ソースを提案。パイナップルバターソース、ローストポークシーズニング、ステーキソース、スペリブソース、しょうが焼き、冷しゃぶ、塩レモンソースの小袋を提供する。小袋の発注書は4月2日締切予定だが、在庫次第で終了となる。なお、小袋提案は秋冬にも実施予定だ。
 「おうちでキャンプ」や「ベランピング」などのムーブメントに向けて「おうち&アウトドアの新しい需要」を創出する。具体的には4月末ごろから「ごちポ CAMP&BBQ CLUB」(仮称)マストバイキャンペーンを実施予定。第1弾はGWシーズン、第2弾は夏秋シーズンを想定している。アメリカン・ポークの精肉、加工肉などを一定額購入した応募者に購入額に応じた口数により、抽選でコールマン製品ほかオリジナルキャンプ&BBQグッズをプレゼント。さらにキャンプ&BBQの消費拡大に向けて啓もうリーフレットを作成し、魅力を訴求する。また、米国中西部で楽しまれるポークの祭典「Porktober(ポークトーバー)」を提案。これはPorkとOctoberを掛け合わせた造語であり、10月を中心にその前後1カ月でキャンペーンを行う。とうもろこしと大豆のうまみ、ベーコンやハム・ソーセージの提案、さらにアメリカン・ポークのさまざまな部位を訴求。近年話題の「プルドポーク」を中心とした料理をオールインワンで提供できるキッチンカーを派遣し、イベントをサポートする。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top