食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

姫路和牛を姫路城のように—市長が谷口会長に感謝状贈呈

 「姫路和牛」生産部会の谷口隆博会長に、姫路市の清元秀泰市長から感謝状が贈呈された。10年の長きにわたって、姫路市および西播磨地域の畜産振興に寄与したことによるもので22日、姫路市役所の市長応接室で清元市長から感謝状が手渡された。
 医師でもある清元市長は「高齢者でも週に1、2度でも牛肉を食べることで免疫力の向上につながる。姫路和牛には、美しい姫路城のように深みがある、天下の名城400年の歴史に匹敵するブランドになってほしい。生産者から消費者まで、流通に限らずわれわれが応援していかないといけない」と力強く語った。谷口会長は「姫路和牛や神戸ビーフは、全国の和牛と比較すると、モノ不飽和脂肪酸の構成比が上がっており、脂はあっさりしている。イノシン酸とグルタミン酸が豊富に含まれている。その品質が支持されて、世界に羽ばたくことができた。部会では定期的に会議を開いて研修を重ねている。扱っていただく販売先に直接出向いてごあいさつさせていただくなど、派手なことはせず地道にコツコツ活動している。決してあぐらはかかずに頑張っていきたい」と語った。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top