食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

エスフーズが個食パックの「牛刺し」を年明けにも全国販売開始へ

 エスフーズグループの(株)エムアンドエム食品はこのほど、全国の飲食店向けに個食パック型の「牛刺し」の販売を、年明けにも開始すると発表した。牛肉の生食に厳格な規格基準が設けられて以降、提供がむずかしくなっている牛刺しを、全国各地で食べられるようになりそうだ。
 同社は全国に先駆けて個食パックの牛ユッケを販売。衛生的な処理を行い、個食パックにすることで、牛生食加工認可設備をもたない飲食店でも提供可能となり、爆発的に普及した。現在、月10万パック、焼き肉店1千店舗に納品している。ユッケを安定供給できる体制が整ったことから今回、もともと要望が高かった牛刺しの開発に着手。製造ライン自体はユッケと同じだが、最終の切断工程が異なるという。まずは試験販売として黒毛和牛1パック35gで展開。今後、ニーズの増加に合わせて商品も多様化させる考えだ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top