食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

エスフーズが個食パックの「牛刺し」を年明けにも全国販売開始へ

 エスフーズグループの(株)エムアンドエム食品はこのほど、全国の飲食店向けに個食パック型の「牛刺し」の販売を、年明けにも開始すると発表した。牛肉の生食に厳格な規格基準が設けられて以降、提供がむずかしくなっている牛刺しを、全国各地で食べられるようになりそうだ。
 同社は全国に先駆けて個食パックの牛ユッケを販売。衛生的な処理を行い、個食パックにすることで、牛生食加工認可設備をもたない飲食店でも提供可能となり、爆発的に普及した。現在、月10万パック、焼き肉店1千店舗に納品している。ユッケを安定供給できる体制が整ったことから今回、もともと要望が高かった牛刺しの開発に着手。製造ライン自体はユッケと同じだが、最終の切断工程が異なるという。まずは試験販売として黒毛和牛1パック35gで展開。今後、ニーズの増加に合わせて商品も多様化させる考えだ。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top