食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

家計消費も減少し生産量ダウン—3月分の加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和3年3月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,069t(前年同月比1.3%減)と3カ月連続で減少した。3月の家計調査をみると、ハム、ベーコン、ソーセージがそろって減少しており、昨年特需を受けた反動が出ているとみられる。業務用需要はやや回復してきたものの、依然としてコロナ以前の状況には戻っておらず、家庭用、業務用両方で減少している。
 ハム類は8,529t(2.0%減)、ベーコン類は8,600t(1.3%増)、ソーセージ類は2万7,124t(2.0%減)、プレス類は1816t(0.2%増)と、ハム類、ソーセージ類が減少、ベーコン類、プレス類が増加という結果となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top