食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

京都市食肉青年会が講習会で特殊冷凍技術について研修を行う

 京都市食肉青年会(尾崎星二会長)は23日、京都市南区の(株)銀閣寺大西外商部プロセスセンターで講習会を開催。デイブレイク㈱の下村涼執行役員、飯島崇斗食品流通コネクターを講師に迎え、特殊冷凍技術について研修を行った。デイブレイクは急速冷凍コンサルティングや特殊急速冷凍機の導入支援、冷凍冷蔵設備・関連商品の販売・設置・施工、急速冷凍食材の流通事業などを行う企業。
 冒頭、尾崎会長は「緊急事態宣言が解除されたばかりでコロナ禍の中、講習会を開催することになった。本日は3Dフリーザーについて学ぶが、良い機会にしていただくとともに、今後も参加をお願いしたい」とあいさつ。飯島氏が資料を使いながら同社の企業概要や特殊冷凍、3Dフリーザーなどについて次のように説明を行った(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top