食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

養豚協が総会、豚熱やASF対策一層推進、国や地方と一体で

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は25日、東京・千代田区のホテルグランドパレスで、2021年度通常総会を開き、20年度事業報告、21年度事業計画などの議案を原案どおり承認した。新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況を踏まえ、可能な限り少人数で、委任状を主体とした「委任状総会」形式で開いた。
 香川会長(写真)は冒頭のあいさつで「豚熱がワクチン接種農場で発生し、気の緩みがあったのではないかとされるが、そういったことはない。皆、自分の財産を守るために昼夜を問わず防疫を頑張っている中で、そういうことをいわれることに憤慨した。ただ、そのように思っている方もいるということなので、われわれも気を引き締めて、いま以上に防疫に力を入れていかなければならない。感染猪はどこに出現するか分からない状況であり、すごく大変で気苦労が多いと思うが、頑張ってほしい」とした。
 また、アフリカ豚熱(ASF)の水際防疫強化について、このほど農水省に要請したが「100%守ることはできず、やはり国、地域、農場が三位一体となって皆で頑張るしかない。入って発生させてしまったら、いままでの苦労が無になってしまうことだから、とくにASFに対しては細心の注意を払いながら、水際防疫に取り組んでくことが必要。それが一番大切なこと」と強調した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top