食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

養豚協が総会、豚熱やASF対策一層推進、国や地方と一体で

 一般(社)日本養豚協会(JPPA、香川雅彦会長)は25日、東京・千代田区のホテルグランドパレスで、2021年度通常総会を開き、20年度事業報告、21年度事業計画などの議案を原案どおり承認した。新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況を踏まえ、可能な限り少人数で、委任状を主体とした「委任状総会」形式で開いた。
 香川会長(写真)は冒頭のあいさつで「豚熱がワクチン接種農場で発生し、気の緩みがあったのではないかとされるが、そういったことはない。皆、自分の財産を守るために昼夜を問わず防疫を頑張っている中で、そういうことをいわれることに憤慨した。ただ、そのように思っている方もいるということなので、われわれも気を引き締めて、いま以上に防疫に力を入れていかなければならない。感染猪はどこに出現するか分からない状況であり、すごく大変で気苦労が多いと思うが、頑張ってほしい」とした。
 また、アフリカ豚熱(ASF)の水際防疫強化について、このほど農水省に要請したが「100%守ることはできず、やはり国、地域、農場が三位一体となって皆で頑張るしかない。入って発生させてしまったら、いままでの苦労が無になってしまうことだから、とくにASFに対しては細心の注意を払いながら、水際防疫に取り組んでくことが必要。それが一番大切なこと」と強調した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top