食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

肉用牛頭数2%増、繁殖雌牛は6年連続伸長—令和3年畜産統計(上)

 農水省がこのほど発表した令和3年2月1日現在の畜産統計によると、肉用牛の飼養戸数は、昭和32年調査以降64年連続で減少している。一方で飼養頭数は昨年調査から引き続き増加し、260万4千頭(前年比1.9%増)となった。子取り用雌牛(繁殖雌牛)も63万2,800頭(1.7%増)と前年を上回り、6年連続で増加している。 飼養戸数は、4万2,100戸(4.1%減)で、廃業などにより前年に比べ1800戸減少した。地域別にみても、前年に比べすべての地域で減少した。一方で、飼養頭数規模が30頭以上の農場に関しては、前年をわずかに上回る結果となった。さらに、総飼養頭数規模別の飼養頭数割合が「500頭以上」の階層が全体の約4割を占めていることからも、一部農場が廃業しているのに対し、大規模化が進んでいることがうかがえる。
 飼養頭数は、260万4千頭と前年に比べ4万9千頭(1.9%増)増加した。地域別にみると、北陸および四国で減少したが、その他の地域では増加。なお地域別の飼養頭数割合は、九州が全国の約4割を占め、95万2,500頭(2.7%増)となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top