食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

USMEF、アメリカンポークの販促に向けたさまざまなCPを実施中

 米国食肉輸出連合会(USMEF)は、アメリカンポークの販促に向けてさまざまなキャンペーンを実施している。
 コロナ禍の中で野外に加え、「おうちキャンプ」や「ベランピング」などもブームになっているが、USMEFでは「CAMP&BBQ」需要に向けた提案を強化。8月2日〜9月30日にかけては「CAMP&BBQ」キャンペーンの第2弾を実施する。今回は、520万人以上のSNSフォロワーを抱える日本最大級のレシピ動画メディア「デリッシュキッチン」とタイアップ。全国の小売店を対象に、アメリカンポークの精肉、加工品(味付け肉含む)を300円以上購入し、レシートと商品ラベルを撮影してスマートフォンで応募すると、抽選でキャンプ&BBQグッズが当たる。「デリッシュキッチン」のユーザーをはじめ、各種メディア、店頭ツール、ウェブ、SNSなど幅広い接点で告知を行い、来店.購入促進を図る。期間中は何度でも応募可能(1回につき1口)。スマートフォンで応募が完結し、何度でも応募可能なので購入頻度が高まる。A賞は「アメリカンポークCAMP&BBQスペシャルミールキット」、B賞は「コールマン賞(クラシックアイアンスキレット)」がそれぞれ100人に当たるほか、はずれた人の中から抽選でWチャンスとして、「ごちポオリジナルCAMP&BBQエプロン」を200人にプレゼントする。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top