食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第68回国際食肉科学技術会議、2022年夏に神戸で開催へ

 日本食肉科学会の坂田亮一理事長はこのほど、第68回国際食肉科学技術会議(68th ICoMST)の日本開催について説明した。この国際会議は1955年に開催されたヨーロッパ食肉研究者会議を起源として、食肉および食肉製品の諸問題について、世界各国の研究者や技術者が幅広い分野の研究成果を発表し、意見を交わす場として各国で年に1回開催されてきたもの。日本では3年前に組織委員会が立ち上げられ、2022年8月の神戸開催を目ざして準備が進められており、20年から組織委員会はほぼ2カ月ごとに会議を開いて活発に意見交換をしている。農水省、厚労省、各種食肉関連団体・学会などが後援しているほか、日本畜産学会や日本養豚協会も加入している。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top