食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

環境負荷低減「エコ・ピロタイプ」のシャウエッセン発売ー日本ハム

 日本ハムは、環境負荷低減を目ざした「エコ・ピロタイプ」の「シャウエッセン」を2月1日から新発売する。内容量は従来の巾着タイプと同じ。ニッポンハムグループは持続可能な地球環境への貢献の一環として、プラスチックにまつわる社会課題の解決に向けて、容器包装でのプラスチック使用量の削減に取り組んでいる。
 シャウエッセンは、1985年の発売当初から、巾着タイプの包装形態を中心に展開してきた。今回、包装資材重量を旧包材と比較し、28%削減した新包装形態「エコ・ピロタイプ」を新発売する。包装・梱包などの変更により、20年度出荷数量に基づく同社調べで、年間CO2排出量がおよそ4千t削減される見込みとしている。
 エコ・ピロタイプの商品ラインアップは「シャウエッセン」127g・127g×2束、「シャウエッセンホットチリ」106g・106g×2束、「シャウエッセンとろける4種チーズ」102g・102g×2束。
 ニッポンハムグループは事業活動を通して気候変動への対応、省資源・資源循環、生物多様性の対応といった持続可能な地球環境への貢献に取り組む目標を掲げている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top