食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全国10店舗の成功店事例集「活力あるお肉屋さん」発行—全肉連

 全国食肉事業協同組合連合会は農畜産業振興機構の助成を受け、令和3年度食肉流通経営体質強化促進事業の中で、活力ある店舗づくりのために成功事例の収集および調査を実施した。平成29年度から4回目となるもの。
 全国の食肉小売店の中から、専門店ならではの仕入れ・販売、品ぞろえや商品開発、販売促進などで新しい取り組みを行う10店舗を調査。その成果を調査報告書(成功事例集)「活力あるお肉屋さん 顧客満足度を高める店舗展開に向けて」(写真は表紙)として取りまとめた。
 調査した店舗は(1)肉のヤマザキ(横浜市)(2)シェフミートチグサ(千葉市)(3)鹿野精肉店(栃木県鹿沼市)(4)かとう精肉店(仙台市)(5)鳥惣(茨城県ひたちなか市)(6)石川屋(愛知県半田市)(7)オオクボジャンボ市店(島根県益田市)(8)阿波牛の匠 のべ(徳島県阿南市)(9)青野精肉店(愛媛県西条市)(10)岡崎牧場(宮崎市)。
 第1章は「成功のヒントを深掘りする!」とし、(1)を宮城学院女子大学の安部新一名誉教授、(2)を東京農業大学の野口敬夫准教授、(3)を宇都宮大学の神代英昭准教授が調査・分析を行った。(1)では「地域の人に愛される店舗」「家で食べる食事をもっと意味あるものに」をコンセプトに、店主自ら選ぶ枝肉仕入れを堅持しながら、さまざまな商品開発やブランディング戦略への取り組み、(2)では多様な銘柄の取り扱いと「氷温熟成」による高品質化やこだわりの加工品の商品化、(3)では昔ながらの家族経営の店舗の親しみやすさにSNSの発信力をプラスし、若いお客も増やしながらギョーザのニラも地元産という地産地消を進めるなど、それぞれ繁盛への勝因に迫った。
 第2章は「全国のお肉屋さんサクセスストーリー」とし、(4)から(10)の個性豊かな店舗と経営者を紹介している。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top