食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[加工品仕向肉量・11月]国産、輸入の合計は4万797t

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合がまとめた11月の加工品仕向肉量によると、国産と輸入を合わせた合計数量は、4万797t(前年同月比9.0%増)と4万tを上回り、前年同月比で増加した。このうち、国内物は1万1,963t(10.9%増)と引き続き1万tを上回り、前年同月比では2ケタの増加となった。輸入物も2万8,835t(8.3%増)と同じく前年同月を上回った。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top