食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

日本畜産物輸出促進協議会がスウェーデンで和牛をPR

 日本畜産物輸出促進協議会・牛肉輸出促進部会はこのほど、スウェーデン・ストックホルムのキッチンスタジアム「Swedish Taste Stockholm」で和牛のプロモーションを行った。参加事業者・団体はエスフーズ、ミートコンパニオン、全農インターナショナル欧州、Anzco EU、NH Foods UK、全国肉牛事業協同組合、農畜産業振興機構、日本貿易振興機構、フューチャーブレイン、事務局として日本畜産物輸出促進協議会で構成され、活発なプロモーションが行われた。同協議会が北欧でプロモーションを行うのは初めて。北欧はヨーロッパの中でも給与水準が高く社会福祉が充実しており、食に対するこだわりやブランド意識が強いため、将来的に和牛の需要が強まることが期待される市場だ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top