GI登録証授与式、松阪牛連絡協・竹上会長「皆で協力し和牛PR」

 農水省は3日、特産松阪牛、米沢牛、前沢牛の地理的表示(GI)認証を登録したと発表した。GI保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護するもの。これまで食肉関係では但馬牛、神戸ビーフが登録されている。同日、同省内で地理的表示登録産品登録証授与式が開かれ、各団体に礒崎陽輔農林水産副大臣から登録証が授与された。
 授与式で礒崎農水副大臣は「いずれの産品も日本の食文化を海外に伝えるふさわしい産品。登録を機に国内におけるさらなる販路の拡大、海外輸出にも積極的に取り組んでいただきたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする