メキシカンビーフ2017年対日輸出目標は前年比2割増目ざす

 メキシカンビーフ輸出業者協会は7日、都内で日墨の食肉関係者を集めた交流会「メキシカンビーフ・ガラ・テイスティング2017」を開き親ぼくを図った。交流会の前に同協会首脳陣と報道陣との歓談の場が設けられ、その中で同協会のフェルナンド・クエバス会長は米国への輸出依存度が高いため、2017年対日牛肉輸出目標について前年比20%増を目ざし、バラなどの部位に注力していく考えを示した。
 メキシカンビーフの全世界への輸出量は昨年、19万4千tにのぼっている。ただ輸出先国第1位となっている米国への輸出が大部分となっていることから、第2位である日本市場の拡大が課題となっている。
 クエバス会長は他国産の安価な食肉に対してメキシカンビーフのどのような強みを出していくかについて「いまの値段だとメキシコも厳しい状況になってきている。そのため、価格の面ではかなり犠牲を払っていかなければならない。さらに日本の市場を獲得して伸ばしていくとなると、犠牲は大きくなる。アメリカ、オーストラリアに勝つためにはコストと同じだけ質を上げていかなければならない」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする