食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

ニッポンハム食の未来財団がアレルギー対応料理コンの表彰式

 一般財団法人ニッポンハム食の未来財団(山田良司理事長)は12日、東京・豊島区の女子栄養大学(駒込キャンパス)で、「第2回食物アレルギー対応食 料理コンテスト」の表彰式と、「食物アレルギー〜笑顔輝く、食の未来〜」というテーマのセミナーを開催した。
 料理コンテスト表彰式は、受賞者や来賓など約70人が参加した。山田理事長は、「おそらく全国で初めての食物アレルギー対応食のコンテスト。第2回を迎えることができたが、どの作品も食物アレルギーの人に喜んでもらいたいという思いのこもった作品ばかりであり、本当に実施して良かったと感じる。応募作品は、すべての人に食べる喜びを与えたいという財団の理念の証しのようなものであり、今後この活動を継続するのと同時に、応募された作品が全国で活用されるような取り組みを行っていきたい」とあいさつ。そのあと、上位受賞者の料理が紹介され、結果発表に移った。
 応募総数631作品(一般の部532作品、学生の部99作品)の中から最優秀賞に選ばれたのは、一般の部から三重県のツルルンさんが考案した「小麦粉を使わないつるるんうどん」と、学生の部から東京都のガジャベ・ギタンジャリさんが考案した「ヴィーガン マカロン」。そのほか、優秀賞として各部門から1人ずつ、審査員特別賞として一般の部からは3作品、学生の部からは4作品が選ばれた。

◆行政・統計

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

 農水省が18日現在で公表した台風19号被害状況によると、被害数は家畜が12万2,573頭羽(被害額3千万円)、畜産用施設が43件(8千万円)、農業・畜産用機械が1件(2千万円)にのぼっている。林野、水産を合わせた農林水産全体の被害額は38...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和元年8月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,197t(前年同月比0.5%増)とわずかながら増加した。ことしに入って減少傾向が続いていたが、ここへきて2カ月連続...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top