28年度の牛脊柱適正管理促進費は計2億247万円

 (社)日本畜産副産物協会は30日、牛脊柱適正管理等推進事業における平成28年度下期分の牛脊柱適正管理促進費を交付する。同事業は牛BSEの特定部位となる脊柱の適正管理と畜産残さの有効利用を図ることを目的とする事業。
 牛脊柱適正管理については1頭あたり150円、畜産残さの有効利用については牛豚を分別した促進費と牛専門の促進費の二つに分けて交付。牛豚分別は1頭あたり300円、牛専門は1頭あたり150円が補助金として支払われる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み