食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食肉市場の取り扱い、牛は全国と畜の35.5%、豚が17.9%

 公益(社)日本食肉市場卸売協会は平成29年1月現在の「食肉中央卸売市場および指定市場の概要」をまとめた。それによると28年の全国の牛と畜頭数に対する食肉市場入場頭数(併設と畜場のと畜頭数と、搬入枝肉頭数=資料面参照、食肉速報に掲載)の割合は35.5% (前年36.8%)で、頭数は37万1,085頭(前年比8.5%減)と、27年に比べて流通シェアは1.3ポイントのダウンとなった。このうち中央市場10カ所は25万7,057頭(8.4%減)の入場で、24.6%(前年25.5%)と頭数、シェアともにダウンとなった。指定市場も15カ所で11万4,028頭(前年比8.6%減)となり、シェアは10.9%(11.3%)で頭数、シェアともにダウンした。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top