食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

種雄牛・繁殖雌牛は90年代から改良の効果みられる—家畜改良C

 家畜改良センターがこのほどまとめた全国域での種雄牛および繁殖雌牛の遺伝的能力の推移によると、黒毛和種における種雄牛および繁殖雌牛のトレンドは、育種価による評価が展開された1990年代半ばから、多くの形質において、改良の効果および改良速度の向上が認めらた。
 形質別には、日齢枝肉重量、枝肉重量およびバラの厚さについて、とくに1998年以降、種雄牛全体と後代数が多い種雄牛(選抜され、供用されていると思われる種雄牛)との間で能力の差が生じてきていることを踏まえると、これら産肉性に関わる形質において優れている種雄牛の利用が進んでいることがうかがわれる。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top