日本食肉生産技術開発センターが29年度研究開発成果発表会開催


 公益財団法人日本食肉生産技術開発センターと食肉生産技術研究組合は9日10時から、東京・大手町のKDDIホールで、29年度研究開発成果発と表会を開催した。食肉市場関係者など業界から170人あまりが参加聴講した。
 発表会に先立ち、関川和孝理事長があいさつに立ち、最近の食肉産業の情勢に触れ「米国を除くTPPの署名が来月にもなされようとしており、EUとのEPA協定など畜産を巡る国際化はますます進展するものとみられる。一方、国内に目を向けると人口の少子高齢化の進行や働き方改革などが取り組まれる中で、わが国畜産の維持向上を図るためには、安全・安心で高品質な食肉生産に取り組むことによって、消費者の信頼を確保していくことが第一である。一昨年国はすべての食品事業者に対してHACCPによる衛生管理を行うことを提案した。今国会では一定の期間をおいて制度化されることが予定されている。制度化にあたってはコーデックスに基づきHACCPの作成となるが、基準Aと弾力的な運用が可能な基準Bが設けられることになる。食肉の処理施設は衛生管理の重要性から基準Aが適用されることになっている。当センターではHACCPを作成するにあたっての手引書の作成を現在急いでいるが、今後手引書に基づく研修会を通じて、全国のすべての食肉処理施設に速やかにHACCPが導入されるよう取り組んでいきたいと考えている」と述べた。また来賓には農水省生産局畜産部食肉鶏卵課の中坪靖史課長補佐らが出席。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする