食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

「FOOMA JAPAN 2018」、6月12日からビッグサイトで


 一般(社)日本食品機械工業会(林孝司会長)は4日、「FOOMA JAPAN 2018」(=国際食品工業展、6月12〜15日・東京ビッグサイト、公式WEBサイト)の開催に先だち、都内で記者会見を行った。会見には展示会実行委員会の増田文治委員長(一般(社)日本食品機械工業会副会長)、大川原行雄副委員長(同副会長)、南常之副委員長(同理事)らが出席。41回目を迎える今回は史上最多の791社(共同出展社を含む)が出展し、過去最大の規模で開催される。各ブース内では食品製造・加工機械を中心に、原料処理から包装・物流まで、食品製造プロセスの自動化や効率化および省力化、さらには高品質化を図る最新鋭の製品、最先端技術、ロボット技術、ビッグデータを活用した品質管理、IoT活用の効率的な生産システムなどを展示し、食品工場さながらの実機デモンストレーションやパフォーマンスなどで、製品やサービスの特長をわかりやすく紹介する。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top