「FOOMA JAPAN 2018」、6月12日からビッグサイトで


 一般(社)日本食品機械工業会(林孝司会長)は4日、「FOOMA JAPAN 2018」(=国際食品工業展、6月12〜15日・東京ビッグサイト、公式WEBサイト)の開催に先だち、都内で記者会見を行った。会見には展示会実行委員会の増田文治委員長(一般(社)日本食品機械工業会副会長)、大川原行雄副委員長(同副会長)、南常之副委員長(同理事)らが出席。41回目を迎える今回は史上最多の791社(共同出展社を含む)が出展し、過去最大の規模で開催される。各ブース内では食品製造・加工機械を中心に、原料処理から包装・物流まで、食品製造プロセスの自動化や効率化および省力化、さらには高品質化を図る最新鋭の製品、最先端技術、ロボット技術、ビッグデータを活用した品質管理、IoT活用の効率的な生産システムなどを展示し、食品工場さながらの実機デモンストレーションやパフォーマンスなどで、製品やサービスの特長をわかりやすく紹介する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み