食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

家畜改良事業団総会、新副理事長に小茂田群馬県畜産課課長


 一般(社)家畜改良事業団は27日、都内で第48回定時総会を開き、上程議案を原案どおり承認した。理事会で役付理事の選定についても議決され、新副理事長に小茂田匡央・群馬県農政部畜産課課長が選任された。
 総会の冒頭、伊地知俊一理事長は「畜産現場のニーズを踏まえ、農家の生産性向上、収益性向上につながる改良関係技術の開発実用化に取り組んでいく」とあいさつ。来賓として農水省の関村静雄畜産技術室長が祝辞を述べた。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top