オーストリアからの牛肉・めん羊などリスク評価案了承 プリ調

 食品安全委員会の第103回プリオン専門調査会が17日、東京・赤坂の同委員会会議室で開かれ、オーストリアから輸入される牛、めん羊および山羊の肉および内臓にかかわる食品健康影響評価について審議。起草委員がまとめた評価書案について議論し、修正がある場合は座長一任とすることで了承、評価書案を本委員会に報告することとした。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする