食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

公取協が総会開催、河原会長再任—適正表示の周知徹底を

 全国食肉公正取引協議会は27日、東京・港区のグランドニッコー東京で第46回通常総会を開き、令和3年度事業報告や4年度事業計画などの議案をすべて原案どおりに承認した。
 開会に先だち、21日に逝去した富山県食肉公正取引協議会の中川清一会長に哀悼の意を表し、黙とうをささげた。
 任期満了に伴う理事および監事改選では、河原光雄会長(全国食肉事業協同組合連合会)を再任した。副会長には角一健二郎氏(日本ハム・ソーセージ工業協同組合)が新任となったほか、新井眞一氏(全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会)、神田政彦氏(新潟県食肉公正取引協議会)、井上淳氏(日本チェーンストア協会)、島原康浩氏(一般(社)全国スーパーマーケット協会)、福田武弘氏(JA全農ミートフーズ(株))、廣川治氏(公益(社)日本食肉市場卸売協会)を再任。専務理事の木村元治氏(全国食肉事業協同組合連合会)も再任となった。
 主催者を代表して、河原会長は「いまだに新型コロナウイルス感染症が終息しておらず、食肉業界は苦境が続いているが、われわれ一人ひとりが業界を盛り上げていくことに思いを込め、日ごろからご支援、ご協力をいただいている関係各団体の皆さまにお礼を申しあげるとともに、より一層のご指導をお願いしたい」とあいさつした。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top