食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

家畜改良事業団が定時総会、新理事長に富田育稔氏を選出

 家畜改良事業団は6月28日、都内で第52回定時総会を開き、令和3年度決算報告ならびに4年度事業計画などの全議案を原案どおり承認した。役員改選では新理事長に富田育稔氏(学識経験者)を選出。副理事長に杉井拳氏(栃木県農政部畜産振興課長)、専務理事には高橋勉氏(学識経験者)を選任した。
 3年度事業報告として、3年度の凍結精液配布本数は、肉用牛精液が68万7,242本(前年度比3.4%減)、乳用牛精液が17万7,689本(同17.1%減)、合計86万4,931本(同6.6%減)となった。肉用牛の性選別精液は、利用価値が理解され始め3万1,794本と前期比33.8%増加した。体外受精卵の配布個数は、コロナ禍での生産の一部縮小により減少したが、受胎率の向上等により需要が回復し、前年度比25.9%増の2万9,783個となった。
 4年度事業計画では、わが国の乳・肉用牛の改良増殖の推進に寄与するため、優良な乳用種雄牛・肉用種雄牛の造成に努め、生産基盤の強化に資する凍結精液・体外受精卵の供給に努めるとともに、牛群検定の普及拡大・遺伝子型検査・家畜改良技術研究の推進、個体識別事業の着実な実施などを図っていく。なお、凍結精液は、肉用牛精液71万300本、乳用牛精液20万700本の計91万1,000本、体外受精卵の配布計画は2万9,200個としている。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top