食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

前年の反動か、プレス類以外減少する—2月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成29年2月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は3万9,295t(前年同月比2.7%減)と減少した。前年2月が4万373t(5.3%増)と大きく伸びており、その反動もあって減少したものとみられる。例年この時期は、大手加工メーカーをはじめ新製品が市場に投入され始めるが、その動きが本格化するのは3月から。本来、1〜2月はハム・ソーセージの不需要期でもあり、進入学などイベントが多く、行楽需要が始まる3月からの本格攻勢に期待したいところだ。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top