食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

注目の食肉処理機械、ニッコーの「牛・豚加工用正肉裁断装置」

 (株)ニッコー(北海道釧路市)は、創業以来一貫して食の産業に関わる加工機械の開発・製造に努め、「顧客満足」を基本精神に掲げ発展してきた。食肉加工機械分野では、先進技術を導入した各種機械を製造販売しており、今回紹介する「牛・豚加工用正肉裁断装置」は食肉処理工場にとって是非とも導入したい機械だ。
 裁断装置はコンパクトサイズで、牛・豚のブロック肉を装置の上に置くだけで操作も簡単でワンウェイで正肉処理できる優れものであり、牛や豚のブロック肉を正肉製品専用(7〜8cmの角切りやミンチ素材)に処理する装置だ。装置にブロック肉をセットすると、第1ステージで短冊状にカットする。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top